目指せ!金持ちニート

不労所得で豊かな生活を過ごそう

悪貨は良貨を駆逐する。

正規品を販売するショップがある一方で偽物を正規品と偽って販売するショップがでてくるとどうなるか。偽物を扱っているショップのほうが価格を低くできるので人々はそこへ群がる。一方正規品を扱っているショップでは売れなくなって撤退を余儀なくされる。これが逆選択です。

投資話といえばその形容詞として「あやしい」がよく使われます。なぜこの世の中はあやしい投資話だらけなのでしょうか。その理由は逆選択です。 もともとはちゃんとした投資話があったはずです。しかし現実味のある投資というのはそうそうおいしいものではありません。そこにおいしそうな投資話がでてくると人々はそれに群がります。まともな投資話は見向きもされず淘汰されていきます。こうして世の中には表向きはおいしい、しかし怪しい投資話ばかりが蔓延するようになっていきます。そんなものにもし引っかかってしまったならばさっさと損切ってしまうべきです。

さて、一見まともに見えるけどほとんど問題だらけな投資と言えば投資信託です。 証券会社は手数料で儲けていますので手数料を得ることには非常に熱心です。投資信託で客が儲かろうが損しようがどうでもいいのです。こうして手数料だけが高くて投資戦略のなってない商品で溢れかえっていきます。ではもしあやしい投資信託を購入してしまったらどうすべきか。少なくともインデックスファンドに勝てないアクティブファンドならば即刻損切りすべきでしょうね。

一応誤解のないように言っときますと、投資信託の商品自体は良心が駆逐されているわけではありません。客が儲かればそれが口コミで広がってさらなる手数料収入が入るというインセンティブが働くこともあり、かなり真っ当なものもあります。 ただ証券会社に投資の相談にいけば手数料の低い良質な投資信託よりも手数料の高い投資信託を勧めてきます。投資自体はプロに任せるのもいいですが、そのプロを選ぶのは自分でやったほうがいいでしょうね。

インセンティブとは人をやる気にさせる刺激のことです。

給料を出来高制にすることで仕事に意欲を持たせることがわかりやすい例です。結果を出せば出すほど給料は上がるので頑張って働こうという気になります。

では損切りできない人は損切りしたくなるインセンティブを働かせればよさそうです。

一番インセンティブが働きそうな取引は株の信用取引の買いです。持ち続けているだけでも金利がかかりますし、それは売りのときよりも高いです。半年たてば手数料を取られたうえで強制決済されてしまいます。

売りの場合は金利は買いよりは低いですが損失に上限がないので別の意味で持ち続けづらいです。要するに信用取引は買いも売りも短期で見切りをつけざるを得なくなってくるわけです。

逆に一番インセンティブが働きそうにない取引は高スワップ通貨の買いです。なにせ持ち続けていると毎日高金利がもらえますし、株の信用取引のように期限がありません。ずっと持ち続けていればたとえずっと値が戻らなかったとしても金利による利益が積み重なり損失が補てんされるという期待を抱くことができます。

実際には高金利通貨にはワケがあって金利で補てんだなんて大抵うまくいかないのですが、とにかくまあこのように損切りしようというインセンティブが働きづらくなることは確かです。 

なんかよくわからないけど体調が悪い、安静にしていてもなかなか治らないようなとき人は徐々に不安にかられます。これはきっと何かの病気に違いないと思い医者にかかり、医者から「〇〇病です」とズバッと答えられると少し安心しませんか?原因不明だった体調不良の因果がはっきりしてとりあえず安心すると思います。逆に医者から「うーん、なんでしょうねえ。。よくわかりません。」などと答えられたら不安がより増幅します。

このように人は因果関係がはっきりすることを望みます。

人はなぜ損切りできないのでしょうか?損切りできない原因は何なのでしょうか?

損切りできないのは己の心の弱さだ!とか俺はダメな人間なんだとかいうように、因果を根拠のないところに求めていませんか?

このブログでは行動経済学によってその原因をずっと分析してきました。サンクコストメンタルアカウンティング確証バイアスプロスペクト理論などと病気でいえば病名をズバッっと答えてきました。心が弱いから損切りできないんだとかいう抽象的な回答よりも、このようなはっきりとした病名で答えられたほうがスッキリしませんか?

心が弱いのはあなたが人である証拠です。そして損切りできないのもその心の弱さの表れでしょう。しかしその心の弱さというものはとてもあいまいなもので、あいまいなものに原因を求めていてはいつまでたっても損切りできる人になることはできません。人の心の弱さとはいったい何なのか、それを少しでも定量的に客観的に具体的に学んでいく必要があるのではないでしょうか。 

↑このページのトップヘ